若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

 

退職してからの手続き~住民票~

ボンジュール!

若手ブーランジェのタカです。

 

今回は僕が住民票を移した際の事について書きます。

 

 

 

住民票の移し方

住民票は、今まで住んでいた所の役所に転出届をだし、新しく住む所の役所に転入届を出す必要があります。
因みに移動先に住み始める14日前から転出届を出すことができます。


一年以上住む予定じゃないと住所を移せない?

僕は東京で転出届を出し、実家のある佐渡の市役所で転入届を出しました。
その際、海外転出届*も同時に出そうと思い、転入した10日後にすぐにワーキングホリデーで1年住民票を抜く予定だと伝えました。

*海外転出届は出発の14日前からできる。

すると、役所の方から

「1年住む予定の方でなければ、基本的に受け入れられません」

と言われてしまいました(;^ω^)

 

その後

結果的には、転出届を出した東京の役所とのやり取りを経て、

「転入届を受け入れますが、海外転出届は出発ぎりぎりまで待ってから、提出してください」

という事になりました(*'ω'*)よかったなぁ

 

役所の方のお話ですと、海外に行く期間によっても変わるとのことでした。

僕のようなケースが無かったため、戸惑ってしまったようです。

 

まとめ

退職後、海外転出届を出して、すぐにワーキングホリデーに行く場合、帰国してから住民票を移した方が良いです!

僕のように、海外に行く直前に実家に住民票を移そうと考えている方は気を付けてください。

海外転出届を出さない予定の方でしたら、大丈夫だと思います。

 

少しでもお役に立てることがあれば幸いです。

サリュー!