若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

 

フランスのイースター(Pâquesパック)

ボンジュール!

若手ブーランジェのタカです。

 

今回はフランスでのイースターについてです。

実はイースターは英語で

フランスではPâques(パック)と言います。

日本語では復活祭といいますが、皆さんイースターで覚えられていると思います。

 

 

日にち

Pâques(パック)は移動祝祭日で

春分後の最初の満月の次の日曜日

になるそうです。

 

今年は4月21日がPâques(パック)でした。

また、翌日の月曜日は休日になり、公園などではPâques(パック)のイベントが行われるようです。

 

Pâques(パック)とは

簡単に説明すると、

イエス・キリストが十字架にかけられて亡くなった3日後に復活したといわれており、その主の復活を祝うための宗教行事です。

 

フランスでは、家族みんなでご飯を食べたり、

お子さんがいるお家では、庭に隠した卵を探す、エッグハントをするらしいです。

 

パン屋さんやお菓子屋さんにとって、売り上げを上げるチャンスになる、貴重なイベントです(*‘ω‘ *)

 

下の画像は僕が働いているパン屋で売られていた商品の一つです。

f:id:breadsweets:20190422135656j:imagef:id:breadsweets:20190422135701j:image

卵を割ると、中から色んなチョコレートが出てきました!

ナッツが中に入っているものや、

アーモンドのプラリネが入ったものなど、

目で見て楽しく、食べておいしいエッグチョコでした(*‘ω‘ *)

 

まとめ

フランスではPâques(パック)の一週間くらい前から、パン屋さんやお菓子屋さんで卵をモチーフにした商品が多く並びます。

店内をかわいく装飾するお店も多いので、この時を狙って来るのも楽しいと思います。

 

 

少しでもお役に立てることがあれば幸いです。

サリュー!