若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

 

モンブランの老舗。アンジェリーナのモンブランを食べてみた。

ボンジュール!

フランスワーホリ中のタカです。

 

フランスのスイーツ界で、

モンブランといえばアンジェリーナ、

アンジェリーナといえばモンブラン…

 

らしいので、実際に行って買ってきました!

 

僕たち日本人がイメージするモンブランとは、ちょっと違った本場のモンブラン。

軽い衝撃を受けるほどの、聞きしに勝るお味でした!

もちろんお値段も(;^ω^)

 

 

アンジェリーナについて

最初のお店はリゾート地で有名な、南仏のニースでオープン。

お店のケーキがニースを訪れるセレブの間で評判となり、1903年にパリに進出したそうです。

 

そのパリのお店は1903年創業のサロン・ド・テ(ケーキを食べながらお茶をするところ)です。

*提供しているものに食事があると、カフェになります。

 

このパリのお店、100年以上の歴史があり、作家のブルースト、デザイナーのシャネルなどが利用していたそう。

 

モンブランとショコラ・ショーが有名です。

 

お店情報

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

クロワッサンが絶品🥐😋. . #france #paris #montblanc #croissant #food #travel

Youko Emoto(@youkoemoto)がシェアした投稿 -

 住所 226 Rue de Rivoli, 75001 Paris

営業時間 平日7:30~19:00

      土、日8:30~19:30

 

チュイルリー公園のすぐそばにあります。

 

人気のモンブラン

f:id:breadsweets:20191230042914j:image

持ち帰りでモンブラン1つだけ購入したのですが、かわいいバックに入れてくれました。

 

f:id:breadsweets:20191230043047j:image

土台はメレンゲ。

中は濃厚な生クリーム。

そして上にこんもりと絞られたマロンクリーム。

 

まずマロンクリームのしっかりとした栗本来の風味に驚き、

中の生クリームの芳醇な味わいに驚き、

メレンゲのサクサク食感と甘さに驚き、

と驚きの連続です(笑)

 

厳選されているであろう素材を使うと、こんなにも味が違うんだなぁ(・□・;)

というか、フランスの食材は乳製品をはじめ、野菜や果物の味が濃いです!

 

クリームたっぷりで甘さも強めでちょっと重いですが、紅茶に合います。

 

まとめ

行列の絶えないお店ですが、その列はイートインする人の列です。

お持ち帰りでしたらほとんど並ばずにケーキを買うことができるので、近くに来た際は是非立ち寄ってみて下さい。

 

100年もの間愛されてきた、変わらない味を確かめてみてはいかがでしょうか(*^^*)

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村