若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

フランスで2月2日はクレープを食べる日。

ボンジュール!

フランスワーホリ中のタカです。

 

ガレットデロワがパン屋さんの店頭から無くなり始めた頃。

次にやってくるのが2月2日のクレープの日です。

 

祝日ではありませんが、パン屋さんには限定でクレープが並びます。

 

 

2月2日は何の日?

クリスマス(冬至)から40日後にあたる2月2日は、la Chandeleur(ラ・シャンドルール)と言われています。

la Chandeleurはラテン語で、キャンドルのフェスティバルという意味。

キリスト教の行事で、クリスマスシーズンの最終日を告げる日でもあるそうです。

因みにフランス語でろうそくはchandelle(シャンデル)といいます。

 

つまり、2月2日はキャンドルに火を灯して、冬から春への移行を祝う日なのです。

なぜクレープを食べるの?

 

 

丸く、黄金色のクレープはまるで太陽のようですよね!

寒い冬に終わりを告げ、春の訪れを感じさせてくれるものだからクレープを食べるようになったようです。

 

因みに・・・

片手にコインをもって、もう一方の手でクレープを上手にひっくり返せたら、その年は幸運に過ごせると言われています。

 

フランスのクレープの食べ方

日本と比べると、とてもシンプルです。

メジャーなのはヌテラというヘーゼルナッツ味のチョコレートペーストを塗ったもの。

 

日本のようにホイップクリームやフルーツたっぷりのクレープは見かけません。

ペラペラで物足りなく見えますが、生地のもちもち食感・小麦とバターの風味をダイレクトに味わえるので、これはこれで美味しいです(*^_^*)

 

まとめ

意外と知られていないクレープの日。

この日限定でパン屋さんにもクレープが並びます。

もし見かけたら、春の訪れを祝って食べてみて下さい!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村