若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

パリから1泊2日、モンサンミッシェル旅行レポート。

ボンジュール!

フランスワーホリ中のタカです。

 

パリから1泊2日でモンサンミッシェルに行ってきました。

夏がシーズンですが、冬のモンサンミッシェルも十分楽しむことができました。

 

観光の参考にしていただけたらと思います。

 

 

1日目

8:40  パリ・モンパルナス駅出発

12:30  モンサンミッシェル着

13:20 モンサンミッシェル観光

15:00 昼食

21:00 夜の散歩

24:00 就寝

移動

移動は電車とバスを利用して片道約4時間かかりました。

モンサンミッシェル割があり、往復50€でした。

 

僕はカルトジュンヌという、割引チケットを持っています。

なのでチケットを検索する際、個人情報の欄にカルトジュンヌ有で検索していたのですが、その場合はモンサンミッシェル割が効かずに表示されました。

 

つまり、可能な最安値で検索してくれず、検索条件でしか表示してくれません。

なので、カルトジュンヌのような割引カードをお持ちでも、カード有の場合と無しの場合、どちらも検索すると良いと思います。

今回のように、特別な割引が適用されて、そちらの方が安い場合もあります。

 

フランスの電車のチケットの買い方は、こちらを参考にしてください。

 

www.breadsweets.work

 

パリのモンパルナス駅を朝の9時前に出発し、ヴィルデュ・レ・ポエルという駅でバスに乗り換えて、13時前にモンサンミッシェル到着のルートで行きました。

 

到着後

まずは荷物を預けに、泊まるホテルまで行きました。

チェックインはできませんでしたが、荷物を置かして頂き、ホテル前の無料バス乗り場からモンサンミッシェルまで行きました。

 

ホテルはこちらのホテルに泊まりました。

 

ホテルガブリエル

 

ホテルガブリエル

 

モンサンミッシェル観光

f:id:breadsweets:20200220163220j:image

昼食はオムレツで有名なお店「メールプーラ」で食事する予定でしたが、

まだ混んでいたので先に修道院の観光をしました。

 

とにかく、道を上に上に進んでいけば着きます。

入場料は大人10€でオーディオガイドを3€で借りれます。

 

修道院の中はフォトジェニックなところが沢山あります。

教会の神聖な雰囲気を感じる反面、監獄としての重苦しい雰囲気を感じる場所もあり、楽しめました。

 

有名なオムレツを堪能

f:id:breadsweets:20200220163300j:image

修道院観光後に行くと、並ばずに入ることができました。

2人で本日のコースと定番のオムレツ付きコースを頼み、シェアしました。

シードルも1グラスずつ頼んで、合計110€でした。

 

色んな噂を聞くこのオムレツですが、僕は美味しいと思いました。

普通のオムレツと違い、具が別で出されて、食べる時に合わせて食べます。

 

炭火で焼かれた香ばしい香りと、シュワシュワ食感。

それに、ノルマンディ特産のバターを惜しげもなく使った付け合わせを合わせて食べると、なかなかいけます(о´∀`о)

 

確かに、値段は恐ろしく高いですが(;^ω^)

 

せっかくここまで来たのなら、少々高くても食べるべきだと思います!

 

ホテルにチェックイン

f:id:breadsweets:20200220164015j:image

無料バスで戻り、ホテル前のスーパーで夜食のおつまみとお酒を購入後、チェックインして部屋で夕食まで休憩しました。

夕食は隣のレストランで羊肉を食べるつもりだったのですが、まさかの寝過ごしてしまい断念(;^ω^)

 

夜のモンサンミッシェルの写真を撮りに散歩後、ホテルでお酒を飲みながらゆっくりと過ごしました。

ちなみに、島までの無料シャトルバスは24時まで動いています。

 

1日目振り返り

夕食を寝過ごした以外は完璧でした(笑)

時間的にはかなり余裕があります。

 

移動で疲れているので、1日目は修道院のみしっかり観光して、あとはホテルでだらだらしながら過ごしました。

夜のライトアップは、遠くからは綺麗に撮影できないので、シャトルバスで入り口までいく事をお勧めします。

 

お酒を飲まれたい方はスーパーで購入して、ホテルで飲むのが安上がりです。

シードルをボトル5€ほどで購入できます。

ですが、せっかくのフランス旅行なのでレストランで雰囲気を楽しみながら頂くことをお勧めします!

2日目

7:30 起床

8:00 モンサンミッシェルまで散歩

9:00 ホテルで朝食

11:00 お土産屋さんに寄りながら風車まで散歩

13:00 ホテル横のレストランで昼食

14:00 モンサンミッシェル観光

17:00 ホテル前のスーパーで休憩&お土産購入

18:00 モンサンミッシェル出発

22:00 パリモンパルナス駅着

 

 朝の散歩

f:id:breadsweets:20200220164148j:image

朝日に照らされたモンサンミッシェルを見るために、朝食前に歩いてモンサンミッシェルまで行きました。

 

片道30分程かかります。

風が強く、寒かったですがとても気持ち良かったです(*^^*)

 

朝食

朝食付きのホテルなので、入り口すぐのカフェスペースで朝食を頂きました。

バイキング形式で、10時と遅い時間までOKなのが良かったです。

 

バゲットにバターとジャムを塗って、コーヒーで流し込む。

フランスの定番朝食を味わいます。

風車まで散歩

f:id:breadsweets:20200220164257j:image

11:00のチェックアウトぎりぎりまでのんびりしてから、ホテルに荷物を預けて(無料)モンサンミッシェルとは反対方向にある風車まで散歩しました。

道中のお土産屋さんやパン屋にも立ち寄って片道1時間かかりました。

時間と体力に自信がある方は歩くのをお勧めしますが、そうでない方はレンタサイクルがあるので、そちらも良いと思います。

 

2.5ユーロで中の見学もできます。

12:00~お昼休みがあるので、気を付けましょう!

 

プレサレで昼食

f:id:breadsweets:20200220164423j:image

宿泊したホテルの隣にあるレストランで、モンサンミッシェル名産の羊肉を食べました。

2人でコースと、単品の羊料理、食後のカフェを頼んで60€しませんでした。

 

モンサンミッシェル観光

f:id:breadsweets:20200220164525j:image

無料バスを使い、モンサンミッシェル観光2日目です。

2日目は前日通らなかった小道を歩いたり、お土産屋さんを見て回りました。

 

島内には猫が数匹居るようで、その猫を探すのも楽しいかもしれません!

 

スーパーで休憩&お土産購入

モンサンミッシェルを十分堪能したので、ホテル前のスーパーまで戻り、併設されているカフェで休憩しました。

このスーパーのトイレ無料なので、行けるときに行くことをお勧めします。

 

お土産はホテルで頂いたクーポンで10%offで購入することができました。

 

パリへ

来た時と同じルートで帰ります。

4時間はさすがにきついです(;^ω^)

人数が多ければ、トランプで暇つぶしもできたのにと思います。

 

2日目振り返り

時間いっぱい楽しむことができました。

風車まで足を延ばす場合は、時間に余裕を持った方が良いです。

 

パン屋さんにはモンサンミッシェル型のクッキーがありました。

味はさておき(;^ω^)

 

心残りは、馬車に乗らなかったことと、郵便局ではがきを出さなかったことです。

 

宿泊したホテル紹介

ホテルガブリエル

 

ホテルガブリエル

とても満足できるホテルです。

2人部屋を利用しました。

日本語を話すスタッフの方がいて、雰囲気がとても良かったです。

荷物もチェックイン前、チェックアウト後どちらも無料で預かってくれました

 

ホテルの目の前にスーパーがあり、無料シャトルバスも泊まります。

隣にはレストランもあるので、立地的には最高でした。

 

気になった所は
 
  • 冷蔵庫が無い
  • 上の階の足音がうるさい(上の階の人によるかもしれません)
  • ドライヤーが使いづらい
  • 片方のベッドの近くにコンセントが無い
  • 洗面所のアメニティがコップしかない

といったところです。

 

まとめ

パリから1泊2日でモンサンミッシェルを満喫してきました。

移動時間が長く退屈でしたが、着いてからは目一杯楽しめたと思います。

 

モンサンミッシェルはどこを切り取っても写真映えしますし、日本人観光客も多いので初めての観光にはもってこいの場所だと思いました。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村