若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

パン作りの必需品、捏ね台・のし台のおすすめ

パン作りの際に欠かせない、捏ね台・のし台のおすすめを紹介します。

大きく分けて「木製」「大理石」「シリコン」の3種類があり、それぞれ良い点、悪い点があります。

自分の目的にあった台を購入し、より良い環境でパン作りをしましょう!

 

 

木製の板

良い点

  • 生地を冷やしにくい
  • 重量のあるものを選べば、作業が安定する

悪い点

  • 手入れが大変
  • 生地がつきやすい(手粉が必要)

 

大理石

良い点

  • 冷たいのでクロワッサンの折り込みやお菓子作りに最適
  • 生地がつかない(手粉が不要)
  • 重いので、作業中の安定感がある

悪い点

  • 生地温度が下がりやすい
  • 重い

 

シリコン製

良い点

  • 安い
  • 手入れが簡単で、保管しやすい

悪い点

  • 手捏ねはできない
  • 台が安定しない

 

捏ね台・のし台を選ぶ基準

f:id:breadsweets:20201010233950j:image

サイズ

どんな素材でも、小さすぎると作業がしにくいです。

なので、できる限り大きいサイズの物がおすすめです

ただし、捏ね台・のし台を置いて作業する場所(テーブルやキッチン)のサイズより大きいものは避けましょう。

 

使用目的

・手捏ねでパンを作りたい場合

安定感があり、パンの生地温度を下げない木製の板がおすすめです。

大理石ですと生地の温度が下がってしまいますし、

シリコンは生地がくっついて安定しないので、捏ねる作業には不向きです。

 

・生地はホームベーカリーなどで作り、成形でしか使わない場合

生地がつきにくく、手入れしやすい大理石かシリコン製がおすすめ

成形のみでしたら、安いシリコン製で十分使えます。

 

 まとめ

f:id:breadsweets:20201010234007j:image

 

目的や用途によっておすすめは変わります。

 

本格的にパン作りを始めたい方には木製のもの。

(手入れは大変ですが、捏ねる・成形する・折り込む、何でもできて万能です。)

 

生地作りはホームベーカリーに任せている方にはシリコン製のもの。

(安くて軽くてとにかく便利。ですが、手捏ねには向きません)

 

手入れのしやすさで選ぶなら大理石のもの。

(生地がつきにくく、作業がしやすいです。熱湯消毒もできて、掃除も簡単。)

 

以上を参考に、自分に合った捏ね台・のし台を探してみて下さい!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村