若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

お家でパン作り。オーブンは高性能じゃなくてもパンは作れる!

「ちゃんとしたオーブンじゃないとパンは焼けない。」

確かにそうかもしれません。

でもだからと言って、パンを作らない理由にはなりませんよ!

 

僕は一人暮らしを始めてからは、中古の安いオーブンレンジを使ってパンを焼いていました。

高いオーブンじゃなくてもパンは焼けます!

 

 

使っていたオーブン

 

 
全く同じレンジが無かったので、似たようなレンジを貼っておきます。
町のリサイクルショップで5000円位で買ったものでした(;^ω^)
  • 発酵機能なし
  • レンジは600W
  • オーブンは最大200℃
  • 丸皿が回るタイプ
  • 17Ⅼの1人暮らしサイズ

 

僕は冷蔵庫の上にのせて使ってました。

お弁当をチンして温められるし、食パンを焼くトースター代わりにもなるタイプのオーブンレンジです。

 

良く作っていたパン

f:id:breadsweets:20200410185550j:image

 

材料が少なく、手間もかからないフランスパン生地でよくパンを焼いていました。

ベーコンを巻いて、ベーコンエピに。

チョコを包めば、チョコフランス。

 チーズを包めば、チーズフランス。

丸ごと焼いて食事パンにもできるので、万能です。

 

材料

  • 強力粉 100 (%)
  • 水   68~70
  • 塩   2
  • インスタントドライイースト 0.4

 

ちょっと前に流行った、捏ねない方法で作れば焼き上がりがもちもちに。

普通(ディレクト法)に作ればふわふわなパンが出来上がります。

 

注意点

小さいオーブンだと焼ける数に限りがあります。

なので、

  • 焼ききれる量を仕込む
  • 数回に分けて焼く(2回目は分割後に冷蔵する)
  • ちぎりぱん(生地どうしくっついても良いパン)にする
などの工夫が必要です。
 
また、これはどのオーブンでも当てはまりますが、焼き色を見て焼き時間、温度を調節する必要もあります。
小さいオーブンは最高温度が低いので少し長めに焼くとちょうどいいです。
 

まとめ

ちゃんとした道具が無くてもパンは気軽に作れます!

もちろん失敗することもありますが、その分、成功した時の達成感は大きくなります。

 

形が悪くても、美味しく食べれれば立派なパンだと僕は思います。

まずは強力粉とイーストを買いに行きましょう(*‘ω‘ *)

 

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村