若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

簡単で美味しくておすすめ!ルバーブジャムの作り方。

フランスワーホリ中のタカです。

 

皆さんルバーブ食べたことありますか?

僕は、ルバーブのデニッシュを一度食べた事がある程度です。

名前と存在は知っていましたが、あまり身近じゃない食材ですよね(-_-;)

 

今回はついにルバーブをマルシェで購入してみました!

 

ルバーブってどんなものなのか…

そして簡単で美味しいルバーブジャムの作り方をご紹介します。

イメージしていたよりも美味しくて扱いやすく、ハマりそうです!

 

 

ルバーブについて

まず、ルバーブは野菜です。

見た目とか雰囲気は、セロリに近いです。

ですが特徴的な味のため、果物のように扱われることが多いです。

 

ルバーブを扱う際に、注意すべき点があります。

ルバーブには下痢や子宮収縮の副作用があると言われています。妊娠中や授乳中は避けるようにしましょう。

そして、ルバーブの葉はシュウ酸が多く有毒なので食べないようにしましょう。

 

と言っても、致死量に至るには相当な量を食べる必要があるので、

「葉は食べれなくて、食べ過ぎるとお腹を下す」

という認識で大丈夫です(*'ω'*)

逆に、便秘の人には便秘を改善してくれる薬にもなるので、モノは使いようですね。

いろいろな食べ方

代表的なものはジャムですが、ほかにも

  • コンポート
  • パイ
  • クランブル
  • シロップ漬け
  • マフィンの具
  • 料理のソース
  • サラダ

などなど

酸味と甘みを利用して、様々な食べ方ができます。

ジャムの作り方

定番で簡単なジャムの作り方を紹介します。

材料はルバーブ・砂糖・レモン汁(なくてもOK)だけです。

  1. ルバーブを2㎝程度にカットしたら、水に浸してアク抜きをします。
    (皮の食感が気になる時は、セロリの筋を剥く要領で皮を剥いて下さい。)
  2. 水を切ったルバーブを鍋に入れ、ルバーブの量の30%~50%ほどのグラニュー糖をまぶします(砂糖の量はお好みで)。
  3. そのまま数時間~半日置いておくルバーブから水分が出ます。
  4. 好みの固さになるまで煮詰めます。
  5. 仕上げにレモン汁(なくてもよい)を加えて完成。

 

砂糖の量は30%が酸味が効いていておすすめです!

ただし、長期間保存したい場合は多く入れましょう。

 

ルバーブは火にかけるとすぐに柔らかくなります!

なので食感を残したい場合は、シロップを先に煮詰めて、最後にルバーブを加えるようにしましょう。

f:id:breadsweets:20200603162811j:image

f:id:breadsweets:20200603162641j:image

 

僕は今回、砂糖30%。

ルバーブを半分に分けて、半分は最初から火にかけ、残り半分を火から外す2分前に加えました。

そうすると、ルバーブの味がダイレクトに伝わり、食感も残るのでお勧めです!

 

まとめ

今回はルバーブを紹介しました。

日本ではあまり見かけませんが、ヨーロッパでは親しまれている食べ物です。

 

焼いたアプリコットのような酸味あり、個人的にすごく好みです。

見かけたら是非ジャム作りに挑戦してみて下さい!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村