若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

パリの蚤の市。安さ&怪しさNO,1のモントルイユの蚤の市。

ボンジュール!

フランスワーホリ中のタカです。

 

パリ三大蚤の市の一つ、モントルイユの蚤の市に行ってきたのでご紹介します。

 

アンティークや雑貨は少なくて、洋服や靴、日用品(洗剤やスポンジなどのキッチン用品)、香水、スマホの周辺機器などが8割ほどを占めていました。

どれも物凄く安いのですが、品質や性能の保証はできません(;^ω^)

 

古着探しや、とにかく安く洋服や靴を買いたい人におすすめです。

 

 

蚤の市の基本情報

 

モントルイユの蚤の市(Marché aux puces de la porte de Montreuil)
営業時間:月、土、日午前7時 - 午後7時30分
住所:Avenue du Professeur André Lemierre 75020 Paris

 

場所はパリの東、アリーグルのマルシェよりパリから離れたところです。

最寄駅は地下鉄⑨号線Porte de Montreuil駅で、降りてから10分程歩きます。

 

メトロから降りて、1の出口から出ると遠くに大きなカルフールが見えるので、そっちに進みます。

直ぐに大きな環状交差点があり、その反対側で蚤の市が開かれているのでそのまま進みましょう。

 

蚤の市の様子

f:id:breadsweets:20200706231751j:image

 

直線上にお店が並んでいるので見て歩きやすいです。

僕が行ったときは日本人は見かけませんでした。

 

前回に引き続き、鍋を探して回ったのですが

あるのは靴や衣類のお店ばかりで、想像していた蚤の市とは少し違いました。

 

そして、売られているものがとにかく安いです。

心配になるくらい(笑)

 

スニーカーや革靴が10€~売られていたり服なんて2,3ユーロが当たり前です(;^ω^)

f:id:breadsweets:20200706231827j:image
f:id:breadsweets:20200706231823j:image

まとめ

モントルイユの蚤の市おすすめの点は

  • とにかく値段が安い
  • 衣服、靴が豊富
  • 規模が大きい
  • 午後もやっている

です。ただ、とにかく商品の品質や性能は保証できません

安い事には裏がある思ってください。

 

ブランドや正規品なか気にせずに、キッチン周りの道具を安くそろえたい人や、古着を安く買いたい人におすすめです

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村