若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

スペイン巡礼0日目。パリからサンジャン・ピエ・ド・ポール

スペイン巡礼始めました。

特にこれといった理由はありませんが、面白そうだったので。

 

フランスとスペインの国境近くのサンジャン・ピエ・ド・ポールという町から歩き始めて、スペインのサンディアゴ・コンポステーラを目指す旅です。

 

2020年10月のコロナ渦真っ只中のスペイン巡礼をレポートしていこうと思います。

 

 

パリからの移動方法

f:id:breadsweets:20201013234324j:image

 

普通は、パリからフランスの新幹線(TGV)でバイヨンヌまで行き、そこから乗り換えてサンジャン・ピエドポールまで行きます。

 

僕はお金を節約したかったので、夜行バスでバイヨンヌまで行きました。

 

使う人がいるかはわかりませんが、パリから南にある、マシー駅発の夜行バスはここに停まってます。

僕は反対側で待っていて、危うく置いて行かれるところでした(;^ω^)

 

到着してから

f:id:breadsweets:20201013234348j:image

 

まずは巡礼者用の案内所に行き、クレデンシャルという巡礼手帳と、泊まる宿を探します。

 

巡礼手帳は3€でした。

 

注意すること

巡礼者用の案内所はお昼休みがあり、12時から13時半まで空いていません。

 

アルベルゲ(巡礼者が宿泊するための宿)はほとんどが14時からチェックインできます。

 

逆に言えば、それより前に行っても空いておらず、重い荷物を持ちながら観光、移動することになります。

 

宿泊したアルベルゲ

f:id:breadsweets:20201013234414j:image

 

Le Chemin vers l'Etoile 

という宿に泊まりました。

LeCheminVersLEtoile - Google 検索

 

ここは、他のアルベルゲが既にいっぱいで、仕方がなく選びました。

宿主はすごくいい人で、中も綺麗だったので特に不満はありませんが、初めて泊まるアルベルゲ&初めて使う寝袋で、寝ているときに少し寒かったのを覚えています。

 

 

夕食を食べたレストラン

f:id:breadsweets:20201013234507j:image

 

宿泊した宿で、メヌー(巡礼者用の夕食)を提供していなかったので、外に食べに行きました。

goo.gl

 

今日の一皿的な料理+ワインを一杯注文して、18ユーロでした。

 

メヌーと比べると少し価格は高いですが、味と接客・お店の雰囲気はとても良かったです。

 

まとめ

f:id:breadsweets:20201013234554j:image

 

  • パリ→バイヨンヌ→サンジャン・ピエドポー
  • アルベルゲには14時以降じゃないとチェックインできないので、早く到着しすぎないようにする。(巡礼用の荷物を背負っていると思うので、荷物が置けないときついです)
  • アルベルゲはbooking.comで予約すると確実です。

Booking.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村