若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

コロナ渦中に海外(フランス)からの帰国。感想と注意すること。

2020年の11月末にフランスから日本へ帰国しました。

その時の状況をご紹介したいと思います。

これから帰国される方の参考になれば嬉しいです。

*11月25日時点での情報です。

 

隔離ホテルについてはこちらをご覧ください!

www.breadsweets.work

 

 

 

使用した航空会社

f:id:breadsweets:20201128210847j:image

 

ロシアのアエロフロートを利用しました。

モスクワで乗り換えます。

 

ここで注意なのが、ロシア乗り換えする場合、コロナ陰性の証明書が必要らしいです。

というのも、僕はそれを知らずに行き、本当はダメだけど特別にOKをいただきました(;^ω^)

皆さんは気を付けてください!

 

パリ市内から空港まで

メトロ+RERを利用しましたが、特に問題なく空港までスムーズにたどり着く事ができました。

ちなみに料金はパリ市内からで10.30€です。

 

通常時がわからないので比較はできませんが、20分に一便は空港までの便が出てました。

 

フランス(シャルルドゴール)の空港での様子

チェックインカウンター周辺のお店は薬局やコンビニ、ハンバーガー屋さんなどは営業してましたが、

チェックイン・荷物検査後のブランド店は閉まってるお店が多くみられました

 

機内の様子

f:id:breadsweets:20201128210905j:image

 

モスクワまでの飛行機は、小さい機体で席も両隣埋まっている状況でしたが、

モスクワから東京までは大きい機体で人数も少なく(100人いないくらい)、広く使っていました。

 

僕は端の2席を一人で使いましたが、中央4席を1で使っている人もいました。

うらやましい…

 

あと普段と違ったことは、無料でマスクの配布・交換がありました。

 

その他食事やトイレはいつもどうりでした。

 

日本に到着してからの流れ

f:id:breadsweets:20201128210917j:image

 

  1. 機内でコロナに関する質問票を記入
  2. 入国前にPCR検査
  3. 陰性であれば入国審査
  4. 預け荷物を受け取って、検税
  5. それぞれの方法で帰宅、またはホテルへ

 

PCR検査について

まず機内で書いた質問票に不備がないか確認されます。

 

次に唾液を提出します。

簡単な仕切りで区切られたところで梅とレモンの写真を見ながら。

これは、順番待ちで後ろから見ると、相当シュールな光景です(;^ω^)

 

再度資料の確認(滞在場所やそこへの移動方法連絡先の確認)があり、検査結果が出るまで指定の場所で待ちます。

検査結果は予想以上に早くでて、1時間かからずに結果が出ていたと思います。

14時30着の便で、16時にはすべて終わってタクシー待ちでした。

 

なので、タクシーを予約する場合、到着時間から2~3時間後が丁度いいかと思います。

 

気を付けること

・当たり前ですが、空港内・機内は常にマスク着用です。

・東京までのチケットが直行でなく、どこかの国を経由する場合、CPR検査をして陰性であることを証明する必要がある場合があります。事前に確認しておきましょう!

・隔離先の名前、電話番号を記入する必要があるので、控えておきましょう。

 

まとめ

f:id:breadsweets:20201128210935j:image

 

思っていたより空港内のお店は営業している所が多く、お土産を購入するのにも困らなそうな印象でした。

到着後のPCR検査もとてもスムーズで、逆にスムーズ過ぎてタクシーまでの時間がかなりあり、暇でした(;^ω^)

 

東京行きの便には海外の人が多く、旅行なのか帰国なのか仕事なのかわかりませんが、こんな時に大変だなと思います…

 

 

欧州行き早割り運賃「オリックス40」76,300円~人気のヨーロッパ10都市へ【カタール航空】

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村