若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

魚のシュークルートがおすすめ!?ストラスブールの人気レストラン。

ボンジュール!

フランスワーホリ中のタカです。

 

アルザスの代表料理といえば、シュークルートがあります。

 

今回はストラスブール観光の際に食事をした、ル・ティール・ブション(Le Tire-bouchon)を紹介します。

大聖堂近くにあるお店ですので、利用しやすいです。

 

一般的なシュークルートは豚肉を使用しますが、このお店では「魚のシュークルート」があり、アルザスの最優秀「魚のシュークルート」にも選ばれたことがあります(*‘ω‘ *)

 

良かった点 料理のボリューム、店内の雰囲気がオシャレ

悪かった点 価格が高め、味は可もなく不可もなく、魚のシュークルートが無い事が多い

 

 

お店情報

 大聖堂から歩いて2,3分の所にあります。

入り口が細い路地に入ったところにあり、わかりにくいので注意です!

入り口にはウエイターが立っているので、その人に案内してもらい中に入ります。

住所 5 Rue des Tailleurs de Pierre, 67000 Strasbourg

電話番号 03 88 22 16 32

営業時間 11:30~15:00、18:00~24:00

休み 無休

 

シュークルートとは

塩漬け発酵させたキャベツと共に白ワインで煮込み、ソーセージやベーコンを盛り合わせたアルザスの代表的料理。

 

この魚バージョンを求めてお店に入りましたが、ありませんでした(´;ω;`)

 

お昼のムニュ

地球の歩き方には9.5€~13.5€の昼ムニュがあると書かれていましたが、無いようでした( ;∀;)

なので、メニューから25€のコースを選択しました。

因みにワインは別で頼んだので、合計30€ほどです。

*安い価格の昼ムニュは、もしかしたら聞けばあるのかもしれません。

f:id:breadsweets:20200203075928j:image

前菜のチーズのサラダ。

美味しいギョニソ付きでした(笑)

 

この写真左上にあるのが、シュークルートに合わせるわさび?とからしなのですが

白いわさび風なものを、ワインについてきたポテトサラダだと思って大量に口に放り込み、号泣しました(´;ω;`)

まぁそんな勘違いをする人はいないと思いますが、皆さんは気を付けてくださいね。

フリじゃありませんからね!(゚∀゚)

 

 

f:id:breadsweets:20200203075736j:image

メインのシュークルート。

実は魚のシュークルートが出てくるとばかり思っていたので、かなり驚きました。

まさか2日連続で食べることになるなんて…

でも、前日食べたものよりジャガイモがおいしかったです!


f:id:breadsweets:20200203075728j:image

デザートのチーズケーキ。

これが見た目以上の重さでお腹が苦しくなりました。

倒したと思ったラスボスが第二形体に突入したようなきつさです(;^ω^)

まとめ

魚のシュークルートで有名なはずなのですが、お店側はそのことを全く表に出してませんし、無い日の方が多いようです。

魚のシュークルート目当ての方はお気をつけて。

 

値段は少し張りますが、味は悪くはなかったです!

僕は開店して直ぐに向かったので、待ち時間なく入ることができましたが、12時以降は混むようなので早めに行くか、予約しましょう。

 

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 「赤い風船宿」 海外旅行