若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

 

27歳以下限定!フランス国内を安く移動するための方法

ボンジュール!

フランスワーホリ中のタカです。

今回はフランス国内(フランス発着であれば国外もok)を安く移動する方法を紹介します。

 

 

carte jeune(カルトジュンヌ)

その方法ですが、

フランス国鉄(SNCF)の割引券、carte jeune(カルトジュンヌ)を作る!

です。

簡単ですね(笑)

僕はこれを知らずに6か月過ごしてしまいました( ;∀;)

 

carte jeuneとは

carte jeuneはフランス国鉄(SNCF)が発行している、12-27歳の若者だけが作れる割引券です。

料金は49€で、期限は開始日から1年間使うことができます。

 *料金は僕が作った時点の物で、変動があるかもです。

割引内容

  • TGVなどのフランス国内の鉄道が30%オフ
  • ドイツ、イタリア、ルクセンブルグ、スイスへの鉄道が25%オフ
  • Prem'sという早割チケットがさらに10%オフ
  • TERが50%オフ
など、ほかにもいろいろな割引があるカードです。
詳しくはSNCFのサイトを参照してください。

https://www.sncf.com/fr/offres-voyageurs/cartes-tarifs-grandes-lignes/carte-jeune

チケットの値段にもよりますが、4回使えば元が取れるみたいです!

一回の旅行で往復でチケットを取るとして、2回以上旅行に行く予定があるなら、作って損はないということですね(*^^*)

作り方

SNCFの窓口で作ることができます。

パリ市内ですと、

  • モンパルナス駅
  • リヨン駅
  • 北駅
  • 東駅
などがあります。
 因みに僕は、モンパルナス駅で作りました。
 

必要な物 

  • パスポート
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • お金
のはずなのですが、僕が作ったときはパスポートを見せて、お金を払っただけでした(;^ω^)
 

 実際に作った時の流れ

 駅にあるSNCFの窓口へ

写真のようにSNCFのマークを探せば間違いないと思います。

モンパルナス駅の場合は、鉄道が発着するホームの横にありました。

f:id:breadsweets:20191024001322j:image

受付をする

受付でcarte jeuneを作りたいと伝えると、番号札を渡されました。

奥に進んで、自分の番号が来るのを待ちます。

 

f:id:breadsweets:20191024001350j:image

 写真のように、掲示板に番号と窓口が表示されます↓

f:id:breadsweets:20191024001433j:image

待合所?はこんな感じです。↓
f:id:breadsweets:20191024001429j:image

 

窓口での流れ

 

  1. パスポートを出して、carte jeuneを作りたいと伝える。
  2. 49€を払う
  3. carte jeuneを受け取る

以上でした(;^ω^)

電話番号も住所も必要ありませんでした。

 

僕の場合はこうでしたが、本来は確認されるものだと思うので、準備していきましょう!

 

カードがこちらです。

家に帰ってから、自分で顔写真を張り付けました。

f:id:breadsweets:20191024061455j:image

まとめ

今回はフランス国内(フランス発着であれば国外もok)を安く移動する方法としてcarte jeuneを紹介しました。

1年間有効なカードです。なので、フランスへワーホリで来た際にはできるだけ早く作ることをお勧めします。

 

SNCFのチケットを予約する際はアプリが便利です。

以前紹介しているので、参考にしてみてください。

 

www.breadsweets.work

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村