若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

フランスの電気コンロでお米を炊く方法

ボンジュール!

フランスワーホリ中のタカです。

 

フランスの主食はパン・芋・パスタです。

色んな種類があり、どれも美味しいので飽きることは無いですが、

 

たまには米が食べたい!

 

と無性に思うことがあります(笑)

海外に行くと日本人なら必ず誰もが思うことですよね!

 

そこで、今回は僕がどうやってフランスでお米を炊いているか、ご紹介します。

 

 

使用するコンロ

f:id:breadsweets:20191226073319j:image

フランスのアパルトマンによくあるコンロです。

僕はフランスで初めて使いました。

特徴は、熱されにくく冷めにくい。

今までガスコンロ一択だった僕には、ちょっと使いにくいコンロです。

必要な物

f:id:breadsweets:20191226073521j:image

  • アルミホイル(鍋の蓋が無い場合)
  • 米(1合=180㎖=150g)
  • 水(吸水させる前の米と同量~1.2倍の量。米1合なら150g~180g又は150㎖~180㎖)

 

お米はモノプリやCarrefourで安く手に入ります。

味は日本のお米と比べると落ちますが、十分満足できます。

 

水は軟水の方が美味しく炊けるらしいですが、僕は水道水をそのまま使ってます。

お米自体が美味しいものではないので、水もこだわらなくても良いと思います(;^ω^)

 

手順

 

  1. お米をといで浸水させる。夏なら最低30分冬なら60分。
  2. 鍋にお米と水を入れて蓋(アルミホイル)をして火にかける。
  3. 水が沸騰するまで火力マックス。沸騰したら電気を切って、そのままコンロの上で10分置く。
  4. コンロから下ろして、10分から20分蒸らす。
 

まとめ

水の量はお米の種類によって変わります。

僕は固めのごはんが好きなので毎回お米と同量で炊いていますが、何度か炊いてみて自分好みの硬さに調節してください。

 

フランスの電気コンロの冷めにくい性質を利用した炊き方です。

参考にしてみて下さい。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

【c】【公式】トリップアドバイザー