若手ブーランジェの日々

フランスワーホリ中のパン職人の日々を紹介していきます。

 

フランス、マレ地区。パリ最古のマルシェに行ってみた。

ボンジュール!

フランスワーホリ中のタカです。

 

今回はパリ最古のマルシェと言われている、Marche des Enfants-Rouges(マルシェ・デ・ザンファン・ルージュ)に行ってきました。

目的は市場内の屋台!!!(゚∀゚)

 

思った以上に規模の小さなマルシェで、屋台がメインで端に少し野菜などが売られていました。

マルシェで買い物を楽しみたい人には物足りない内容です。が、

周辺を観光する際の、ランチで利用するのがおすすめです!

 

 

マルシェ情報

名前の由来

Enfants-Rouges=赤い子供たちという意味です。

 

え!?恐ろしい由来がありそう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

なんて思いましたが、そんなことはありません。

 

昔はここに孤児院があり、その子供たちが赤い服を着ていたので「アンファン・ルージュ」と呼ばれるようになったそうです。

ちなみに赤は慈善の色みたいです。

 

暗い歴史じゃなくて良かった(*‘ω‘ *)

 

場所

 住所  39, Rue de Bretagne 75003 Paris

最寄駅はいくつかありますが

③⑤⑧⑨⑪番線が通っているレピュブリック駅(République )から徒歩10分。

 営業時間

8:00~20:30(日曜は8:30~17:00)
定休日:月曜

 

マルシェの様子

f:id:breadsweets:20191228040204p:image

室内マルシェです。

入り口に野菜が並び、奥はほとんど屋台でチーズ屋さんが1つ紛れていました。

 

屋台ですが、日本料理の屋台があり、日本人らしき方々が働いていました。

メニューを見ると、寿司をはじめ丼もの、なんとたい焼きまでありました( ゚Д゚)

お昼時には多くのフランス人が食事をしていて、なんだか嬉しくなりました。

 

モロッコ料理のお店で昼食

本日の一皿「PLAT DU JOUR(プラドジュール)」を頂きました。

f:id:breadsweets:20191228035858j:image

初めてモロッコ料理を食べましたが、スパイスを沢山使っている様で、インド料理に近い気がしました。

辛味は無く、優しい味でした。

クスクスより、お米が欲しかったです(゚∀゚)

 

閉店していたワインショップ兼バー

美味しいフィッシュ&チップスが食べれるという情報があり、探しましたが、なんと閉店していました( ;∀;)

 

近くのおすすめパティスリー

アンファンルージュのマルシェの目の前にマカロン発祥のお店、ラデュレがあります。

同じ道を少し歩くと、同じくマカロンが有名な、ピエールエルメもあります。

 

こちらの記事に詳細が載ってますので覗いてみてください!

 

www.breadsweets.work

 

ピエールエルメには、ミルフィーユを超えたドゥミルフィーユも( ゚Д゚)

是非、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回僕が行ったのは、平日の11時半頃でした。

着いたときは人がほとんどおらず閑散としていましたが、12時をまわってから徐々に人が増えてきて、賑わってきました。

 

早めに行けば待ち時間はありませんが静かな雰囲気です、賑わっているマルシェの方が、僕は好きですね。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村